text

カラメルソース−プリン/作り方/レシピ

プリンの底にある茶色い部分をカラメルソースと呼びます。プリンと言えば、黄色い生地とカラメルソースの2種類が基本となりますので、カラメルソースの作り方とレシピはしっかりと覚えて下さい。慣れてきましたら、ほろ苦さはお好みで調節を行ってみてください。

カラメルソースの材料−プリン/作り方/レシピ

直径7cm/高さ4cmのプリン型を8個分

カラメルソース

グラニュー糖

80g

20cc

熱湯

20cc

カラメルソースの作り方−プリン/作り方/レシピ

手順1
手順2
手順3

1.鍋にグラニュー糖と水を入れます。鍋は厚手で、この分量でしたら口径18cm程度のタイプが適しています。

2.手順1で用意した鍋を中火にかけて温めます。

3.木べらのようなかき混ぜるものを用意し、かき混ぜながら煮詰めていきます。

手順4
手順5
手順6

4.泡が小さくなり、ほんのりと色づき始めた状態です。

5.薄く焦げ色がつきます。ここからの変化は早いので、鍋をしっかりと見ておきましょう。

6.泡のはじけ方がゆっくりになり、しっかりと焦げ色がついたところです。水分が飛んで粘度がつきます。

手順7
手順8

7.火から外し、熱湯を加えて混ぜます。
ポイント:
熱湯を入れるときは跳ねるので注意しましょう。軍手を用意しておくとよいです。

8.滑らかになったところです。苦みと甘みのバランスが釣り合ったカラメルソースのできあがりです。

グラニュー糖以外のカラメルソース−プリン/作り方/レシピ

カラメルソースはグラニュー糖以外でもおいしくつくることができます。メープルシュガーや黒糖、三温糖などは風味が豊富で個性的な味を楽しむことができます。これらの砂糖でカラメルソースを作るときは、「カラメルソースの作り方 6の行程」にてまだらに薄い茶色になってきたところで熱湯を入れるのがポイントです。グラニュー糖で作るときと同じ状態まで焦げ色を付けてしまいますと、コクが出すぎてしまいます。余熱で焦げすぎてしまいそうなときは、鍋の底を水に当てると焦げなくなります。

カラメルソースの保存方法−プリン/作り方/レシピ

カラメルソースが余ったときは、ふたのついている容器に入れて保存します。固まってしまったときは、プリンの型抜きをするときと同様、湯せんにかけて溶かします。

カラメルソース作成後の鍋の後始末−プリン/作り方/レシピ

カラメルソースを作った鍋は、カラメルが固まる前に洗うと綺麗に落とすことができます。もし冷えてしまいカラメルが固まった場合は、熱湯を注いでカラメルを溶かしましょう。または湯を入れて火にかけ、こびりついたカラメルを落とします。

text

▲上へ戻る

text

カスタード風味のプリン

  • なめらかプリン/蒸しプリン【作り方とレシピ】
  • キャラメルプリン/クレームブリュレ【作り方:レシピ】
  • さつまいもやバナナのクレームブリュレ【プリン・作り方・レシピ】

いろいろなプリン

  • かぼちゃプリン/マーブルプリン[作り方とレシピ]
  • リコッタチーズ/ミルクチョコレート[プリン:作り方:レシピ]
  • ホワイトチョコレート/ミルクティー[プリン・作り方・レシピ]
  • コーヒーのプリン/ミルクプリン[作り方*レシピ]
  • いちごミルクプリン/ヨーグルトプリン[作り方+レシピ]
  • はちみつプリン/ライムのプリンー[作り方−レシピ]
  • マンゴープリン/ライチのプリン[作り方@レシピ]
  • 杏仁豆腐プリン/メロンのプリン[作り方/レシピ]
  • トマトのプディング/抹茶プリン{作り方・レシピ}
  • 白ごまプリン/マロンプリン「作り方*レシピ」
  • 黒糖プリン/アイスプリン【作り方+レシピ】

もう一つのプリン

  • パンプディング/カラメルアイス『プリン・作り方とレシピ』
  • フラン/アーモンドプディング『プリン:作り方:レシピ』
  • シトラススフレ『プリン+作り方+レシピ』